LOG IN

ほうらく饅頭の由来

by ほうらく堂

この饅頭は、塩原の名物で「塩原まんじゅう」としてすでに有名であり、大正天皇・皇太子殿下の御時行啓の砌り、これを大変賞味されたため一名「殿下まんじゅう」としても広く世に知られておりました。

神戸では大正12年より創業され、当時の傷痍軍人救済のため、渡辺騏十郎少将婦人等「日露の役」の将校夫人たちが会寄り「ほうらく饅頭」と銘打ち、売出され、その純益を目的に当てていたものであります。

大正末期より「法楽堂」として個人経営に移り今日に至っておりますが、精製されたる原料と伝統ある製法により淡白な味は通人の間に好評で、しばしばマスコミで激賞されてまいりました。

当製品は、むし饅頭でございますので日を経るに従って風味をそこないますから賞味期限内にお召し上がり下さい。
なお製品には万全を期しておりますが万一お気付きの点がございましたらお知らせ下されば幸いです。

ほうらく饅頭の内容
 こしあん(緑)・つぶあん(白)・白あん(紅)の三種類になっております。
 お祝いの時は紅白で・弔事の時は緑白でお作りいたします。

※ お饅頭の裏側に付着している白い粉は、小麦粉(打ち粉)でございますので、ご安心してお召し上がり下さい。



ほうらく堂
OTHER SNAPS